あらすじ公演情報プロフィール劇場地図「過去の公演」に戻る


ご挨拶

はじめまして。私たちは、「北の国から」でおなじみの脚本家・倉本聰氏主宰の富良野塾卒業生で結成した「ミノタケプラン」という演劇ユニットです。
メンバーは、一期生の石井信之(脚本)と、五期生のたむらもとこ、六期生の二階堂智(いずれも役者)の三人。この三人を中心に、これから定期的に芝居を上演していく運びとなりました。
「三」人それぞれの芝居への思いの「丈」を秘めて、決して背伸びせず、今の自分たちの「身の丈」に合った芝居をプランニングしていこうという気持ちを「ミノタケプラン」の名に託しました。そして、観ていただくお客様と、毎回迎える個性豊かな客演陣のお力で、その「身」を徐々に、大きく大きく成長させていきたいと考えております。これから、お引き立ての程をよろしくお願いいたします。
 旗揚げ公演「中沢の沢は難しい方の澤」は、11月20日(水)から11月24日(日)まで、六本木アトリエフォンテーヌにて行われます。今の私たちの身の丈で楽しい芝居がお見せ出来るよう、精一杯稽古に励んでおりますので、劇場に是非足をお運びください。結成ご挨拶とともにご案内申しあげる次第です。

ミノタケプラン

  石井  信之
たむらもとこ
二階堂  智